Member Login

Lost your password?

Registration is closed

Sorry, you are not allowed to register by yourself on this site!


Archive for 3月, 2015

おまとめローンは一社に絞って申し込むべし

木曜日, 3月 5th, 2015

高校や大学入試の際に落ちた時のことを考えたすべり止めとして複数の学校を受験しますね。受験で万が一志望校に受からなくても他の学校で学生になることが出来、すぐさま社会に出ずに勉学に励む身分をそのまま持続することが可能になるからです。

しかし金融商品であるおまとめローンを申し込む際審査に落ちた時のことを考えたからと言って複数の金融機関に契約申込みをしてはいけません。実は複数申し込むだけで通る審査も通らなくしてしまっているのです。


《おまとめローンが一本に絞って受験する》

おまとめローンをしたいという方が持つ理由としては月々の返済に困っているというケースが一番多く、生活のためにも借金をまとめるため必ずどこかに受かるようすべり止めを受けたいという方は沢山いらっしゃいます。
しかし複数の金融機関に申込みをすると信用情報に申込みの履歴が残るためお金にとても困っている人なのだという判断や、多重債務者になるかもしれないというレッテルを貼られてしまうことに繋がります。信用情報は各金融機関が審査の際に申し込んで来た方の過去の借り入れや今までのお金のトラブルなどを確認するために利用するものです。この信用情報に書かれていることを元に審議をして融資をするかどうか決めるため、この情報はなるべくまっさらのままにしておいた方が契約はしやすくなります。
金融商品を利用する際にはこの信用情報が必ず関わって来ます。この人は危険人物だと金融機関に思われないようおまとめローンの申込みは複数の企業へ一度にしないようにしましょう。


《落ちてもとにかく半年は開けること》

では一ヶ所の金融機関に申込みをした後万が一審査に通らず借金をまとめることが出来なかった場合にはどうすれば良いのでしょうか。もちろんまた別の金融機関に申込みをするのですがここでは間に開けるべき期間がとても重要です。一度金融機関の審議に通らなかったということは金融機関側にとって何かしらのネックがあったからです。自分の過去の借り入れ状況で思い当たるものがあるのであれば別ですが、もしかしたら金融機関側の都合かもしれません。しかしその理由については本当のことを知ることは出来ないため自分で次に必ず審査に通るために出来る限りの対策をとる必要があります。
そこで審議に通らなかった後に再度申込みをするまで、最短でも半年は期間をあけることをおすすめします。信用情報におまとめローンの借り入れ申し込みをしたという履歴が残るのは半年間です。この期間を過ぎれば契約が出来る確率があがります。

その半年間でどうしても返済が厳しいという状態になる場合は消費者センターに一度きちんと相談をしましょう。金融関係の悩みは自分一人で解決をしようとはせず第三者を挟むことでもっと良い方法が見つかるという場合もあります。
自分の借金を軽くして自分の生活を明るくするためにも自分が出来ることを最大限やるように心掛けましょう。